キャッシング 必要書類

 急にお金が必要になっても慌てずに済む情報をまとめて紹介!申し込みも時間をかけずに、24時間365日申し込める手軽さや、必要な書類は簡単にデータとして提出が出きる事についても解説していますので参考にしてみてください。

 

即日キャッシングの申し込みに必要な書類について

 急にまとまったお金が必要になった際に強い味方となるのが、金融機関のキャッシングサービスです。早ければ即日キャッシングすることも可能ですが、そのためには手続きを滞りなく進めなくてはなりません。借り入れのための審査に必要な書類を不備なく用意して、審査に要する時間を極力短縮することが望ましいです。
 通常なら必要書類を出すよう求められるのは自己申告に基づいて仮審査を行ってからです。仮審査を終えた後に申告内容を裏付ける書類を提出し、本審査も通過すれば融資が決定するというのが一連の流れです。しかし一日で本審査まで終了して融資を得ようとする場合は、申し込みの段階で書類を全部提出しておいた方がよいでしょう。書類が早く揃えば、その分審査のスピードアップが見込めます。
 審査にあたって不可欠な書類は身分証明書と印鑑です。この身分証明書とは免許証、住民票、健康保険証などになります。顔写真なしの証明書類しかない場合、金融機関によっては公共料金の領収書などをセットで提出するよう求められるケースもあります。
 また50万円を超える高額の借り入れだと、収入証明書も必要になる可能性が高いです。特に消費者金融は、50万円以上あるいは他社での借り入れ額と合わせて100万円以上の融資に際しては、まず確実に収入証明書の提出が必須となります。消費者金融には貸金業法が適用されるため、「総量規制」という決まりによって他社と合わせて年収の3分の1を超す金額を貸すのを禁止されています。したがって高額の融資申し込みに対しては、収入証明書で年収の確認を行っているわけです。
 収入証明書はここ2ヶ月分の給与証明書、源泉徴収票、確定申告書の控え、所得証明書などになります。 この他に借り手が個人事業主の場合は、一部の金融機関は営業状況確認書類の提出を求めています。これは営業状態や収支計画を記入するものですが、確定申告書を提出してあれば必要ないケースがほとんどです。 最近では多くのキャッシングサービスが、インターネットでも手続き可能になっています。即日のキャッシングを必要とする人は金策のため時間に追われていることも多いので、店頭に行かずともよいネット手続きには大きなメリットがあります。
 必要書類の提出もパソコンならスキャナー、スマートフォンならカメラで画像を取り込んで送信すれば済むのでより簡便です。ただし借り入れ金の受け取りは銀行振込になるため、銀行の営業終了時間である15時までに振込が完了するように早めの申し込みが肝要となります。書類に不備があって再提出となる可能性も考慮すると、なるべく午前のうちに申し込みを行うのが安心でしょう。

page top