キャッシング 審査基準

 お金を融資してもらう手続きをして、その日のうちにお金が借りられる"即日キャッシング"にも審査があります。仮審査と、本審査についてどの様な事を調べられているのか?初めての借り入れで不安な方にも解りやすく解説していきましょう。

 

即日キャッシングの審査は通りやすい?

 今すぐお金が必要な時などに便利なサービスが、その日のうちに融資まで可能な即日キャッシングです。ただし、即日融資可能と書かれていても、審査に落ちてしまった場合はお金を借りることができません。そのため、少しでも早く現金が必要な場合は、審査に通りやすい状態を作っておくことが大切です。
 審査に通るために重要なポイントのひとつが、業者選びです。年収などの審査基準は業者によって異なりますが、その基準を明確にしている業者というのは存在しません。ただ、業者によっては年収と借入状況など最低限の情報を入力して送信するだけで、審査基準に達しているかどうかを知ることができる仮審査を用意していることがあります。本審査では、年収や借入状況以外に勤務先や雇用形態など様々な条件や信用情報なども確認していくため、仮審査に通れば必ず本審査に通るという訳ではありませんが、現在の年収が基準に達しているかの確認はすることができます。更に、仮審査というのは本審査とは違い、落ちても信用情報に記載されることはありません。そのため、少しでも審査に通りやすい状況を作りたいのであれば、仮審査の活用をしておくことが有効です。
 本審査では、雇用条件に関する確認もあります。公務員や正社員として働いている場合は、雇用条件が原因で審査落ちをする可能性は殆どありません。ただ、非正規雇用に関する基準は業者によって異なります。そのため、非正規雇用の人が審査を受ける時には、アルバイトやパートでも利用できるかどうかを確認しておくことが大切です。非正規雇用の場合は、同じ職場で長く働き続けている人ほど、審査に通りやすくなります。
 即日キャッシングでは、年収などの条件が基準を満たしているか、信用情報に問題がないかの確認だけでなく書かれている勤務先に本当に在籍しているかを確認する審査も行われます。他の条件に問題がなくても、在籍確認ができなければ審査落ちとなってしまうことは少なくありません。更に、即日キャッシングを希望する場合はその日のうちに在籍確認ができることが重要になります。業者が在籍確認のために電話をしても、職場の就業時間が終わり全従業員が帰った後であれば誰も電話に出ることができません。すると、審査結果は在籍確認ができる翌営業日まで持ち越しとなり、その日のうちにお金を借りることができない状態となってしまいます。そのため、即日キャッシングを希望するのであれば、審査基準を満たしているかどうかの確認だけでなく在籍確認が可能な時間内に申し込みをすることが大切です。

page top